入学式と卒業式

4月 1st, 2017

4月になり新しい年度になりました。予科練平和記念館職員一同、新たな気持ちでお客様をお迎えいたします。どうぞよろしくお願い致します。

この時期は各学校で入学式が行われます。また、先月は卒業式が行われました。
予科練生の入隊と卒業はどのように行われていたのでしょうか。まず入隊の様子です。

昭和19(1944)年4月1日、土浦海軍航空隊甲種飛行予科練習生として、憧れの七ツ釦に身を包み、大空に羽ばたく夢と希望を胸に、晴れの入隊式に臨んだ。
既に3日前隊門をくぐり、入隊手続きを済ませ、150名の分隊に分けられ、第1班から第6班まで各班25名の班も決められた。私は第10分隊第3班に所属した。
(中略)
入隊式は午前10時、第一種軍装で第一練兵場に整列、高らかに響き渡るラッパの音に軍艦旗が掲揚され、司令官らしい偉い人が台の上に立ち、「第14期甲種飛行予科練習生を命ず」と宣告され、正式に予科練習生になることができた。
入隊式の日には赤飯と尾頭付きの御馳走だった。訓練は翌日から始まり、何を言われても勝手が分からず戸惑っていると「貴様達はお客様じゃないぞ!何をモタモタしとる!」と昨日は優しく面倒見てくれた班長も、恐ろしい顔で怒鳴りだした。
~『震洋隊の回想』 角田義久(甲飛14期)著から抜粋

次に、卒業式の様子です。

卒業退隊の日には、すべての思い出と訓練の成果を身体一つにまとめ、心をこめて手入れした軍服に身をつつんで、最後の号令台前集合に臨む。司令訓辞を受けて送別の言葉を耳の奥にしまいながら、揺籃の地に別れを告げるのである。各練習生の指令を見つめる瞳は輝き、多くの感慨をもって祝辞を聞いた。
(中略)
司令に対して最後の別れの敬礼を行う。これから向かう飛練での厳しい訓練に思いをはせつつも、大空へはばたく希望に瞳を輝かせ、厳しい戦局に死を賭して戦う決意を秘めて、一文字に結んだ唇に闘志をみなぎらせていた。
すぎこし方を振り返ってみる。日本各地から集まった見知らぬ者同士がむつみあい、切磋琢磨しあい、苛酷なまでの厳しい訓練をみごとなしおえた。そして、いま巣立とうとしている。
司令官が号令台から静かに降りた。立ち会う分隊長、文官教官、分隊士、教員にも、別れの寂しさがひしひしと伝わってくるようだ。
「一二00、甲(乙)第00期練習生卒業退隊、総員見送りの位置につけ」
こうした高声令達器の号令によって、各兵舎を離れた練習生は、すでに庁舎前から隊門の前までの隊内通路の両側に、真ん中通路をあけて正対して並んでいた。
やがて、卒業生が行進を起こして見送りの者の人垣の間を隊門に向かう。右も左もわからない新入隊者として、最初にこの練兵場で仰いだ軍艦旗、日夜、見慣れた号令台や庁舎、春夏秋冬、われわれを見つめていてくれた雄飛の松ともお別れである。思い出多い練兵場よさようなら、そんな思いを込めて歩を運ぶ。
卒業生は、四列縦隊となり、沿道で見送る教官、教員や下級生たちに挙手の礼を返しながら、別れを惜しみつつ前進する。
「頑張れよ」 
「お世話になりました」 
「先輩、頑張ってください」 
「飛練で待っているぞ」
見送る側から、見送られる側から、盛んに声がとんだ。
こうして、隊門に卒業生の全員が到着すると、密集隊形で整列して回れ右をし、見送る者の集団と相対峙する。
「帽振れー」この号令で、互いに脱いだ帽子を頭上に高々と上げて力のかぎり振った。目頭が思わず熱くなった。とくに卒業生にとって、この感激の一瞬は、強烈な印象として脳裏に焼きついた。
~『海の若鷲「予科練」の徹底研究』 下平忠彦(乙飛19期)著から抜粋

間もなく桜が開花しますね。陸上自衛隊武器学校では観桜会(お花見)が行われます。
日時は4月8日(土)・9日(日) 午前9時30分から午後4時まで。
食べ物・飲み物の持ち込みができます。また売店も出ます。
ミニライブ&握手サイン会、駐屯地太鼓舞・常陸陣太鼓による太鼓演奏などが行われ、

ちびっこ広場もあります。戦車など屋外展示や雄翔館と雄翔園もご覧になれます。
お問合せは、陸上自衛隊武器学校 広報 TEL 029-887-1171 (内線231~233) です。

阿見町に走っていた鉄道

3月 3rd, 2017

暖かい日があってもまた寒さが戻ることがあり、繰り返えされながら春が近づいています。

 

今月は11日に「おはなしとむかしあそびの会」を開催します。

「絵本の読み聞かせ」や「むかしの遊び」、「おもちゃの病院」もありますので、お子様とご一緒にお楽しみください。

26日には講演会「レイテ島の戦い」を開催します。レイテ島守備隊と特攻隊に焦点をあてて、阿見町歴史調査委員の大橋良一さんが講演します。皆様のご来館をお待ちしております。

 

阿見町にはかつて鉄道が走っていました。

常南電気鉄道という名称で、大正末期から昭和の初め頃に当時の阿見村(新町のバス停留所「阿見坂下」付近)から土浦駅の間を運行していました。

大正10年霞ヶ浦飛行場が設置され、翌年には霞ヶ浦海軍航空隊が開隊しましたので、たくさんの海軍関係者が住むようになりました。その需要を見込んで鉄道を運行したと思われます。

この鉄道は単線で運行され、阿見と土浦間に停留所(駅)が8カ所設けられました。昭和4年にドイツの飛行船ツェッペリン伯号が霞ヶ浦飛行場に寄航した時には、大勢の人が鉄道を利用して見物に訪れたそうです。

しかし常南電気鉄道の運行前からバスも営業していたため、次第に競争に負け短い期間で廃止になりました。大正15年10月に開業し、昭和13年2月に廃業されるまで12年間運行しました。

 

また同じ頃に、軍用の単線が荒川沖駅から霞ヶ浦海軍航空隊(現在の阿見小学校付近)まで敷設されていて、航空燃料を輸送していました。後には若栗にあった第一軍需工廠(現在はフタムラ化学株式会社や三菱化学株式会社などがある)まで延伸されました。さらに、第一海軍航空廠(現在の陸上自衛隊関東補給処)へも引込線が敷設され、資材の運搬と整備が済んだ飛行機の搬出が行われていました。

2月2日は開館記念日

2月 3rd, 2017

2月2日は開館記念日でした。平成22年2月2日に開館しましたので7年が経過しました。開館からの入館者は累計で41万6千人に達しました。ご来館いただきました皆様に改めて感謝申し上げます。

これからも予科練と海軍航空隊の戦史を後世に伝え、平和の大切さを考えていただく施設として運営してまいりますので、ご支援をお願い致します。

 

予科練生の訓練では、冬の時期に寒稽古が実施されました。予科練の寒稽古には、剣道、柔道、銃剣道、短艇、陸戦、体操などがありました。

昭和15年度の寒稽古は、1月11日から31日まで3週間行われました。この期間中の総員起こしは午前5時でした。通常冬季の総員起こしは午前6時でしたので1時間早くなりました。中でも体操は、気温が氷点下になるこの時期であっても半袖・短パンツで行われました。駆け足行進のあと体操を行い6時20分まで続きました。手や足が凍傷になる予科練生もいたそうです。

倉町秋次著『豫科練外史〈2〉』から

寒稽古の様子

 

4日は立春ですが、これから少しずつ春の訪れを感じるようになります。

記念館の隣に広い公園がありますので、天気の良い日にはお出かけください。そして実物大零戦模型を見ていただき、記念館にも足をお運びください。

現在当館では収蔵資料展「旗と手紙」を開催しています。(3月12日まで)

明けましておめでとうございます。

1月 6th, 2017

明けましておめでとうございます。

新しい年が皆様にとりまして良い年となりますことをご祈念いたします。

本年も多くの方にご来館いただけるよう館の充実に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

新しい冊子『イラストで観る 予科練と海軍航空隊』を販売します。

A4版24ページのカラー刷りで、予科練生の制服や生活などがイラストで説明されており、楽しみながら予科練を理解できる冊子です。

1冊500円で、当館内で販売いたします。

1月28日(土)に、ふゆやすみミニイベント「予科練子ども会」を開催します。時間は午前10時から午後3時です。ミニSL、バルーンアート、腹話術、マジックなど盛りだくさんの内容となっています。

また同日「おもちゃの病院」を開催します。壊れたおもちゃをご持参いただければ、

『おもちゃドクター』が修理します。ご家族皆さんでご来館ください。

 

2月2日は当館の開館記念日です。無料で開館いたしますので、どうぞご来館ください。

 

貴重な戦争遺跡

12月 2nd, 2016

早いもので師走になりました。寒さもいよいよ厳しくなってきたようです。

 

阿見町は大正時代に霞ヶ浦海軍航空隊が設置され、その後昭和になって予科練教育を行った土浦海軍航空隊も置かれて、海軍の町として発展してきた歴史があります。

このため町内には戦時中に使用された建物や防空壕などが数多く残されていました。これは町の歴史を伝える貴重な戦争遺跡です。しかし年月の経過とともに次第に姿を消しつつあります。

文化財に関する指定基準が第二次世界大戦終結まで拡大されて、戦争遺跡が加えられという経緯があります。重要な遺跡や記念物を国や市町村が指定すると史跡となり、保護の対象となります。

阿見町は現在のところ4カ所の戦争遺跡を町指定文化財としていますが、他にも貴重な戦争遺跡があります。多くが民有地にあるなど難しい問題もありますが、残されている貴重な戦争遺跡を指定文化財として保護、保存しなければならないと考えています。

 

12月に予科練平和記念館が行うイベントなどをご紹介します。皆様ご家族でご来館ください。

まず、6日(火)から当館収蔵資料展「旗と手紙」が始まります。

10日(土)は午前11時から「おはなしとむかしあそびの会」を開催します。絵本の読み聞かせ、むかしのあそびを親子で楽しんでください。

22日(木)午後5時30分から、「クリスマス音楽鑑賞会」を開催します。土浦第三高等学校吹奏楽部の演奏によるクリスマスソングや軍歌などをお楽しみください。

天皇誕生日の23日(金)は無料開館日となります。この機会に予科練や霞ヶ浦海軍航空隊、土浦海軍航空隊などについて知識を深めていただければ幸いです。

 

最後になりますが、今年も当館に対しご支援・ご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

【来館者40万人達成】

11月 1st, 2016

町内の街路樹も色づいてきて、日ごとに秋が深まっています。

10月22日 開館からの来館者が累計で40万人に達しました。40万人目の方は、東京都調布市から来られた佐藤さん親子でした。記念セレモニーを開催し、認定証や記念品をお渡ししました。

開館から6年が過ぎ、これまで沢山の皆様にご来館いただきまして感謝申し上げます。

これからも予科練と海軍航空隊の戦史を伝えていくため、多くの方に来館していただけるよう努力してまいります。

40

 

10月24日 阿見町シルバー人材センター会員の方々により、記念館周辺で草取りなど奉仕作業をしていただきました。お蔭様で大変きれいになりました。代表の大崎忠さんほか参加された皆様にお礼申し上げます。

%e8%8d%89%e3%81%a8%e3%82%8a1 %e8%8d%89%e3%81%a8%e3%82%8a2

 

今月13日は茨城県民の日で、当館は入場無料になります。

皆様のご来館をお待ちしております。

予科練の運動会

10月 7th, 2016

9月は雨の日が続きましたが、今月は爽やかな秋晴れの日を期待したいですね。

スポーツの秋です。10日の体育の日には全国で運動会が行われると思います。

予科練でも運動会が行われていました。現在の小中学校ではあらかじめ十分練習を行いますが、予科練の場合は毎日が訓練であり、その集大成として運動会が行われました。分隊対抗戦や入隊の期別対抗の全体運動会があって、かなり激しい競争が繰り広げられたようです。予科練の運動会の模様を書物から紹介します。

 

「水泳訓練の最後が水泳大会によって飾られたように、体操、武技・体技の締めくくりは、運動会によって行われた。期の運動会、隊の運動会といった形で何度か実施されたが、時期は春、秋には限られなかった。

運動会とはいうものの、これもその内容は分隊対抗競技である。しかし、やっぱりお祭り気分もないわけではなく、楽しい雰囲気を醸しだす行事であった。

(中略)

そして、何よりも雰囲気を盛り上げるのに大きな役割を果たしていたのが一般市民の参加、見物である。ちびっこ選手のパン食い競争なども企画されていて、予科練と地域とのつながりを強くする効果を上げていたようである。」

下平忠彦著『海の若鷲「予科練」の徹底研究』から

 

「昭和十五年十一月十五日に、霞ヶ浦海軍航空隊飛行予科練習部は独立して「土浦海軍航空隊」となった。その日、土空では開隊を記念して、陸上運動会が催された。記念運動会といっても単なる喜び、遊びの場ではない。各競技にわたり、各分隊で競わせ、せり合わせて闘志をかき立て盛り上げる。追浜時代にはこのような雰囲気は稀薄であったようだが、これも時局を反映しての成り行きであった。」

倉町秋次著『豫科練外史〈2〉』から

%e9%81%8b%e5%8b%95%e4%bc%9a

土浦海軍航空隊開隊式記念運動会

 

「一昨日を以っていよいよ霞空と分離し土浦海軍航空隊となりました。当日の模様を知らせましょう。

八時 軍艦旗掲揚終わって旧司令教頭の訓示、続いて新司令(今迄の部長)の訓示あり。

(中略) 十時半より開隊式 長官、航空本部長の訓示がありました。 

(中略) 開隊式終了後格納庫に於て竣工式が行われました。

これを以て開隊式及び竣工式が終り、午後は運動会、昼は御馳走があり又菓子折一ケ渡りました。一時より運動会、沢山の見物人が来ました。プログラムにある如く最初に神宮で

やった体操、次に二千六百継走、二日前にこれの予選が行われ、我が分隊堂々一着、今度は最上級でもあり又貫録を示すに最もよい機会であるので是が非でも優勝せずんば止まずで分隊士、教員又我々の意気は物凄かったです。自信たっぷりで選手は戦に臨みました。予想通りスタートより一着、ラストの時は三十米位抜いて優勝しました。次は障害物競走これと二千六百が分隊の点数に入るので、これも頑張らなくてはなりません。然し我が選手の意気物凄く予選一着、決勝、又もや堂々一着、この時の我々の喜び大したものでした。」

阿見町『海軍航空隊ものがたり』の「土浦海軍航空隊 甲種五期(十一ノ六)菊池

克久さんがお父様へ宛てた手紙」から

 

予科練の運動会は日頃の訓練の成果を披露する場でもありました。当時は明治神宮外苑の競技場で国民体育大会が行われましたが、予科練生は昭和15年から参加しており、披露した予科練体操は脚光を浴びました。

その時の新聞には、「会場を圧する応用体操の妙技」「大会の華、土浦航空隊健児」「会場を圧した海の若鷲群舞」など絶賛する記事が載りました。

赤トンボの整備工具

9月 4th, 2016

先月は大きな台風が2週にわたり阿見町に近づいて、風雨の強い日がありました。幸い予科練平和記念館では被害がありませんでしたが、皆様のお宅は如何だったでしょうか。

9月はスポーツの秋であり、実りの秋でもあります。各小中学校で運動会が行われ、稲刈りが始まっています。爽やかな晴れの日が続いてほしいですね。

 

先日九三式中間練習機のエンジン用の整備工具一式を寄贈していただきました。エンジンの名称は天風(あまかぜ)です。

霞ヶ浦海軍航空隊では飛行訓練に九三式中間練習機(「赤トンボ」の愛称で親しまれました)が使われました。九三式中間練習機は訓練中にエンジン不良などによって周辺地区に不時着することがあり、海軍では練習機が不時着した時に備えて、あらかじめ周辺地区の農家などに整備用の工具箱を配備していました。

寄贈された工具箱は海軍が配備していたものと思われ、かなり大きな造りで重量がありました。上部を開いた両側と中央部仕切りの両側を合わせて4面に工具が整然と並べられていました。工具は九三式中間練習機用に造られたもので70種類ほどあり、さらに中央部の仕切りも開閉できて交換用の部品が備えられていました。

終戦時に基地にあった機械や工具類は全て処分されましたので、当時のまま保存されていた工具箱は大変貴重な資料となります。

寄贈していただいた方は、牛久市の大きな農家造り家にお住まいでした。

 

IMG_0775 IMG_0776

 

 

8月15日の終戦記念日に、コミュニティFMラジオ「ラジオつくば」に出演しました。

 

ラジオつくば

 

つくばYou’ve got 84.2(発信chu)!の中の市民活動NOW という番組です。番組の中で予科練平和記念館について説明しまして、つくば市民の皆さんにピーアールができました。

担当した有働文子アナウンサーとマイクの前で話をしましたが、プロのアナウンサーの発声は明瞭で聞き取り易く、

素人の私とは大きな違いがあるのを痛感しました。

 

 

 

 

今月は18日(日)午後2時から、講演会「占守(しゅむしゅ)島(とう)の戦い」を開催します。講師は当館の歴史調査委員である大橋良一氏です。

皆様のご来館をお待ちしております。

8月15日は無料で開館します

8月 4th, 2016

8月になりました。15日は終戦記念日です。当館は無料で開館いたしますので、皆様のご来館をお待ちしております。

 

今月から第2回企画展「予科練の足跡」を開催します。当館へ寄贈された数多くの資料の中から、これまで展示されていない収蔵品を展示します。他にも当時の予科練生と現在の海上自衛隊航空学生を比較対照した展示を行います。

20日(土)には「ものしりおじいちゃんに聞こう!阿見の昔のはなし」を開催します。

町の歴史や予科練について、ものしりおじいちゃんたち(当館の歴史調査委員)が教えてくれます。夏休みの宿題を相談したい小・中学生や、歴史を知りたい大人の方もぜひご来場ください。

また同日、新企画の夏休み講演会「飛行機はなぜ飛ぶの?ブーメランの不思議な飛行」を開催します。町内在住の大学講師の方が、予科練習生も勉強した航空力学について ブーメランをつくりながらご説明します。

 

土浦海軍航空隊が置かれていた地域は、終戦後どのような変遷を辿ったのでしょうか。「阿見と予科練~そして人々のものがたり~」から抜粋しました。

 

ブログ用

 

終戦の少し前、6月10日の大空襲によって土浦海軍航空隊は壊滅的な被害を受けました。多くの予科練生が他の基地へ移転したため、終戦時に残っていた予科練生は約3,000名だったと言われています。8月25日に退隊命令が発令され、予科練生たちは8月末までにそれぞれ復員していきました。

11月30日に日本政府は海軍省を廃止しました。阿見町周辺にあった霞ヶ浦海軍航空隊、土浦海軍航空隊、第一海軍航空廠、第一軍需航空廠などは占領軍の接収を受け、飛行機などの兵器類は全て焼却またはスクラップにされました。土地は国有財産に登録され、耕作可能な土地は開拓農地になりました。

 

昭和21年4月土浦海軍航空隊跡地の一部に、東京大空襲により焼失した日本体育専門学校が移転してきました。さらに新学制にもとづいて、昭和22年に常陽中学校、翌23年に常陽高等学校が設立されました。しかし、昭和26年3月日本体育専門学校が東京都へ戻ると、常陽中・高等学校も廃校となりました。

昭和27年になると、跡地に警察予備隊武器学校が設置されました。警察予備隊は後に保安隊、自衛隊と改組されて現在の陸上自衛隊武器学校になりました。

 

昭和21年霞ヶ浦海軍航空隊跡地に霞ヶ浦農科大学(後の茨城大学農学部)が設立されましたが、これに伴い土浦海軍航空隊跡地の一部(花室川の北側)に、中等学校令による大学付属の霞ヶ浦農業学校が開校しました。後に霞ヶ浦高等学校となりました。

 

阿見町内に広大な面積を有していた土浦海軍航空隊や霞ヶ浦海軍航空隊の跡地は、一部は陸上自衛隊武器学校や陸上自衛隊霞ヶ浦駐屯地となり、また農地として開拓されました。区画が変わり、海軍が使用していた建物は解体され、建替えが行われるなど様々な変遷を経て現在に至っています。

海の日

7月 2nd, 2016

ご紹介が遅くなりましたが、4月から新たな歴史調査委員に大橋良一さんが就任いたしました。大橋さんは陸上自衛隊に勤務され、長い間武器学校教育部戦史戦術教官を務められました。すでに3月に「硫黄島戦史~陸軍大将栗林忠道の統率」という演題で、ご自身の研究成果を講演していただいております。どうぞよろしくお願い致します。

 

梅雨の真っ盛りですが、梅雨が明けますと、いよいよ夏本番になります。

7月18日は海の日です。国民の祝日に関する法律では、「海の日 七月の第三月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。」と定めています。

18日は月曜日ですが祝日ですので、当館は開館いたします。

 

予科練生は海軍志願兵でしたので、水泳や短艇(カッター)、水上機など海で行う訓練がありました。

水泳の訓練では最初に検定が行われました。全く泳げない者は赤帽で、泳げる者は白帽となり泳力により4段階に分けられ、それぞれ訓練が行われました。水泳は早く泳ぐことよりも長く泳げることが優先され、しかも荒波の中を泳ぎ切ることが大切でした。

横須賀海軍航空隊では海に天然プールがつくられ、水泳の訓練が行われました。(天然プールは突堤と練兵場の岸壁の間につくられた。)

土浦海軍航空隊に移ると、隊内に50メートルプールが設備されました。プールだけではなく、霞ヶ浦で遠泳訓練も行われたそうです。

 館長日記

ほかには短艇(カッター)の訓練がありました。カッターは12人で櫓を漕いで進みます。

しばしば班対抗の競漕が行われました。元予科練生のインタビューで、「予科練の訓練で辛かったことは、カッターを漕ぐこと」と話していた方がいます。カッター訓練は、体力の限界まで行う厳しいものだったことが分ります。

 

今月は23日10時から「予科練子ども会」を開催します。親子で楽しめるゲームなど盛りだくさんですので、お気軽に参加ください。

また、31日午後2時から元予科練生戸張礼記氏による講演会「歌語り~知られざる予科練」を開催します。講演会は入場無料で、事前の予約も必要ありません。皆様のご来館をお待ちしております。