無始無終

3月 30th, 2013

みなさんこんにちは。

学芸員Wです。

予科練平和記念館のある阿見町は、今桜が満開です。

 

 

 

館の前の若い桜の木も、たくさん花を咲かせています。

この季節は、本当に独特の雰囲気がありますね。

 

先日、「ルドルフ・シェーンハイマーの動的平衡」という理論を知りました。

ルドフル・シェーンハイマー(1898-1941)は、アメリカの生化学者で、

体内に摂取した食物がどのように使われているかを、ネズミを使った実験であきらかにした人です。

そこで得られた結果から、食物は分解されてエネルギーになるのではなく、

体の再構築に使われていることがわかりました。

 

体をつくっている物質は、そのままでは古くなって壊れてしまうので、

私たちは食べ物を体の中で小さく分解して、古くなった物質と、分解して得られた

新しい物質を入れ替えることで体を維持している、と言えるのだそうです。

 

シェーンハイマーの実験では、ネズミの全身のたんぱく質の半分が、

3日で入れ替わっていたことが確認されたそうです。

いつも同じように見えますが、私たちの体は日々黙々と新しくなっていたんですね。

 

そう考えると、新鮮なものや体にいいものを食べるのが健康の基本、ということがよくわかります。

そして、あんこが好きな人はリアルアンパンマンになれるということですね。

 

今日のみなさんは、何で作られていますか?

 

 

さて、今週はいろいろなお客様がおみえになりました。

 

まずは埼玉県比企郡滑川町の議員さんたちです。

展示を熱心に見学してくださいました。

 

 

それから、青森山田高校野球部のみなさんが、遠征試合の途中に立ち寄ってくださいました。

 

 

とても礼儀正しくて、帰るときにはきちんと挨拶をしてくださいました。

予科練生たちもこんな感じだったのかな、と思いながらお見送りしました。

 

さらに、海を越えてスペインからもお客様がいらっしゃいました。

アジア系スペイン人のTARO(タロ)さん19才です。

 

 

タロさんはバルセロナ在住で、CESDA(セスダ)航空学校の学生さんです。

春休みを利用して日本にいらっしゃいました。

 

タロさんは、知人から頼まれたものを届けにわざわざきてくださったのです。

航空関係の本や資料を探しによく行くお店のリカルドさん(70代男性)が、

タロさんが日本に行くことを知ると、1枚のCD-ROMを彼に託しました。

リカルドさんが航空機のエンジンについて長年研究してきた成果をまとめて

データにしたもので、日本の航空関係者にぜひ知ってもらい、

役立ててほしいと願っているそうです。

 

私共でも、リカルドさんのご好意やタロさんのお気持ちに、少しでもお答えできる

お手伝いができたらと思っております。

 

航空機のエンジンにご興味のある方、スペイン語がおわかりになる方がいらっしゃいましたら、

ぜひ予科練平和記念館へお問合せください。

 

タロさんは現在日本語を勉強中。将来は全日空のパイロットになりたいという

夢をお持ちです。

いつの日か、タロさんの操縦する飛行機で世界中を旅することができたらすてきですね。

大空を羽ばたける未来を応援しています。

 

こちらもぜひご覧ください↓↓↓

 

セスダ航空学校

www.cesda.com

 リカルドさんのお店(現在は息子のジョルディさんがあとを継いでいます)

http://www.aeroteca.com/

 

 

先週末23日(土)に、小さなお子さま向けのよみきかせイベントを開催しました。

今回で5回目になるこの企画、新たな試みとして、記念館の近くにある霞ヶ浦高校演劇部さんと

コラボレーションしました。

元気な演劇部の生徒さん3人が、たくさんのお客様に絵本を読んでくださいました。

 

 

 

 

練習にあてる時間が少なかったにも関わらず、自分たちで絵本を選んで

一生懸命読んでくださいました。

予科練平和記念館ですばらしい朗読を聞かせてくださる、元茨城放送アナウンサーの

藤田加奈子さん直々の指導を受けたということもあって、とっても上手でした。

 

よみきかせのあとは、春のスタンプラリーです。

記念館の敷地にかくされた7つのスタンプを探しだします。

 

 

ときには丘ものぼります。

スタンプは、記念館とおとなりの公園のなかでも春を感じてもらえるようなところに置きました。

公園内には元気なお子さんたちの声でとてもにぎやかで、

両手につくしを持った女の子もいて、訪れた春を楽しんでいただけたようです。

 

霞ヶ浦高校の生徒さんたちとは、これからもいろんなイベントでご一緒していただけたらと

思っております。

 

 

今回のブログは長くなってしまいました。

最後までお目通しいただきありがとうございました。

 

私学芸員Wは、3月いっぱいで予科練平和記念館を卒業することになりました。

準備の段階から丸7年間、このお仕事をさせていただいて、本当に感謝しています。

また、元予科練生をはじめとして、すばらしい人生の先輩方からいろいろ学ぶことができました。

いたらない私にとって、たくさんの方に支えられながら毎日全力ですごした大切な7年間でした。

支えてくださったみなさん、関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

Wは、4月からも町のどこかで働いております。

見かけたときには、ぜひお声をかけてください。

 

「無始無終」という言葉があります。

仏教の教えだそうですが、始まりもなければ終わりもない、その逆もまたしかりということです。

終わりはまた新たな始まりです。

常に現在にいるということかも知れません。

 

それは、シェーンハイマーの理論にも似ています。

私たちは常に新しい物質を取り込んで置き換えながら体を維持している。

私たちを作っている物質は、もとは別のものであり、私たちでなくなった物質は

また別の何かになる。

世界中の物質は絶え間なく交流し、動きながら現在をつくっているのかもしれません。

 

今を生きるたくさんのみなさんが、すばらしい毎日をすごせますように。

心から願っております。

 

 

企画展「甲飛14期生」⑥

3月 20th, 2013

 急に暖かくなりました。

 梅が慌てて咲いたかと思うと、強い風が吹き荒れる日には忙しなく今年の花を散らせていく様子を見て、春の到来を落ち着いて迎えている私たちの心境とは言えないようにも感じられます。

 桜の開花は例年より1週間ほど早まっているとのことです。可愛い新入学生のためにも、桜にもう少し足踏みをお願いしたいような気持ちです。

 これも異常気象の影響なのでしょうが、しかし、暖かくなってくると「異常」という言葉を使いたくない気もします。待ち望んだ春です、よいことがたくさんあるといいですね。

 

 さて、昨年11月から開催してきた企画展「甲飛14期生~特攻が始まった年の入隊者たち~」の会期もあと10日ほどとなりました。これまでにも多くの方にご来館いただきましたが、気の早い今年の桜を見がてら、どうぞご観覧いただきたいと思います。

 今回は、進木亮(しんのき あきら) 氏 (甲飛14期・特殊潜行艇)をご紹介します。 

 

 昭和19年4月美保海軍航空隊へ第14期飛行予科練習生として入隊、以来1年が経過した頃、昭和20年5月中旬、わが分隊から30数名が転属不明、特殊兵器搭乗要員として選抜を受け、甲飛第14期第1次特攻隊要員に内定した。即日特攻隊は結成された。

 5月29日卒業式、そして雨天体操場で壮行会、恩賜の御神酒、その他昆布などが揃ったメニューのご馳走がでた。この日、ようやく転出先は大竹潜水学校「柳井分校」と知らされた。お世話になった分隊士、班長、班員に最後の挨拶を交わし、父から贈られた日本刀片手に衣嚢を担ぎ隊門に整列した。

 同期生、後輩15期生の激励見送りをうけ、互いに帽振れのなか思い出の美保空を後にした。大篠津駅で軍用臨時列車に乗車、集う村の方々の見送りに紛れて両親を見受けたときは驚きと改めて悲壮感を覚えた。そして遠くからこれが最後の決別と覚悟の敬礼を送った。

(中略)

 山口県熊毛郡佐賀村字田名(現在の平生町)に大竹潜水学校柳井分校(その後柳井潜水学校び改名)があった。瀬戸内海に突き出た「阿多閏半島」という東西約12キロ幅約300メ-トル程度のなまこ型の小さな半島がある。この半島全体が海軍用地で、手前が潜水学校、西南に「回天」特別攻撃隊の平生基地があった。

 われわれは、柳井駅で衣嚢を輸送車に積み込み、初夏を思わせる暑さのなか、8キロの道程を行軍、昼前学校に到着した。直ちに兵舎の割り当てをうけ教官に出迎えられ、注意事項伝達の後、予科練第一種軍装を返納して、五ツ釦の下士官服が支給された。下士官帽子帽章と二等飛行兵曹袖章をつける。事業服はなく、略服として薄褐色の五ツ釦、略帽は事業服と同色で一本線の下士官帽が支給されたが、下士官軍服は古着であった。

 6月1日、9時5分訓練場にて入校式。われわれはこの日晴れて海軍二等飛行兵曹に任官した。私の学校での配属先は第12区隊(内火隊)で、1班から8班までに分かれ、構成班員は8名の編成となっていた。この区隊は全員美保空出身者で編成されていた。

 任務は、特殊潜行艇、甲標的丁型「蛟龍」の搭乗要員。専門分担は内燃機関の講習で、当初6月から7月の2ヶ月間が予定されていたが、後日1ヶ月期間延長された。「蛟龍」は開戦時、真珠湾に投入された特殊潜行艇甲標的甲型(搭乗員2名)の改良型である。訓練は実習がほとんどで、座学の教本は赤表紙の極秘扱い、全教本は連番が刻打されており厳重保管の義務が附され、各専門の将校が担当し、教育を受けた。私は内火隊(内燃機関担当)に配属されたが、他に、電気隊、水雷隊、通信航法隊とそれぞれ区隊が分かれていた。ここで一人前の搭乗要員としての教育と訓練を受けることになる。

 学校正面入り江に係留された3,000トン級、伊152号潜練習艦を教材に乗船種々の実戦訓練を受けた。また、校庭の南側海岸寄りに「蛟龍」と「海龍」(S艇)の実物教材が置かれていた。7月、学校沖合に潜水艦伊58潜が停泊、隣接の回天基地から多聞隊「回天」6基を搭載、南方洋上に出陣していった。武運あれと祈る。

 7月下旬に入ると、教務訓練もほとんど進まず、その頃になると防空対策の強化、そして防空壕作業に明け暮れる日課となる。8月6日、新型爆弾が広島に投下されたことを10時頃知らされた。8月9日、長崎を新型爆弾が見舞ったことは知らされなかった。

 8月15日正午、総員訓練場へ整列をして放送を聞く。雑音がひどく、初めて聞く陛下の玉音は聞き取れないまま痛恨の涙で地に伏せた。終戦以来4、5日兵舎にあって指示を待つ。その間何もすることがなく、持参の日本刀を抜き、やたらと振り回してはやり場のない気持ちを鎮めていた。復員は22日頃から始まり、26日には終わりとなった。復員に際して一階級特進して、一等飛行兵曹に昇進した。(「回顧録」から抜粋)

震災から2回目の春がきました

3月 15th, 2013

みなさんこんにちは。

暖かい日が多くなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか。

 

幸いなことにまだ花粉症を自覚してはおりませんが、

時々原因不明のあやしいくしゃみと目のかゆみが気になるようになり、

もしかしたら…と思っている学芸員Wです。

 

茨城の梅もほぼ満開になりました。

本格的に冬を抜け出しつつあることを感じます。

 

予科練平和記念館のまわりにも、春が元気よく声をあげはじめました。

 

枯れ芝の中で、ひときわ目立つ黄色いたんぽぽ。

 

足元に目を転じると、ホトケノザが咲いています。

 

そして!つくしがでてきました!

 

 

1本見つけると、ふしぎに次々とつくしが目に入るようになって、

うっかり仕事を忘れてつくし探しの旅に出そうになります。

恐るべし春のつくしマジック。

 

 

 

先日、当館にすてきな方たちがいらっしゃいました。

今度、海軍の特攻隊をテーマにした演劇をなさる予定の俳優さんたちです。

ひととおり展示をご覧になったあと、元予科練生と、戦史に詳しい歴史調査委員さんの

お話をお聞きになりました。

 

 

2時間以上にわたって、熱心に聞いていらっしゃいました。

どんなことをお感じになっていたのでしょうか。

予科練生のことばを全身で受け止めた俳優さんたちの演技は、さらに迫力と説得力を

増すのではないかと思います。

感動と、歴史を再考する時間を多くの人にお届けする素晴らしい舞台になりますよう、

予科練平和記念館スタッフ一同応援しております。

 

『見上げればあの日と同じ空』は、4/4(木)~4/15(月)

紀伊国屋書店新宿本店4F 紀伊国屋ホールにて上演されます。

みなさんもぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

『見上げればあの日と同じ空』 公式HP

http://www.amuse.co.jp/stages/sora/

 

 

 

暖かくなってきて、外に出る機会が多くなったのではないでしょうか。

来週23日(土)、予科練平和記念館ではお子様向けのイベントを開催します。

絵本のよみきかせと、前回好評だったスタンプラリーで、みんなで遊びましょう!

 

今回は、霞ヶ浦高校演劇部の生徒さんたちがよみきかせをしてくれることになりました。

どんな本をよむかは当日までのおたのしみ。

きっとわくわくする時間を作ってくれると思います!

 

よみきかせのあとは、予科練平和記念館とおとなりの公園にかくされた7つのスタンプを

さがして押すスタンプラリーをします。

前回はスタンプを探してお子さんたちが公園内を元気にかけまわっていましたが、

今回はどこにどんなスタンプがかくれているでしょうか?

お父さん、お母さんもお子様と一緒にさがしてみてくださいね。

スタンプと一緒に、思いもかけないところで春を見つけるかもしれません。

 

 

よみきかせ「おはなしおさんぽの会&春のスタンプラリーの会」

3月23日(土) 10:30~・14:00~ 

1日2回 1回約1時間(おはなし30分 スタンプラリー30分)

予科練平和記念館ラウンジにお集まりください。

参加無料 予約もいりません。

おさんぽがてら、手ぶらでお越しください。

 

※ 雨や大風などでお外に出られないときは、予科練平和記念館館内でできる

遊びに変更する場合があります。

 

 

前回のよみきかせのようすは、こちらをご覧ください。

http://www.yokaren-heiwa.jp/blog/?m=20121212

 

 

 

 

先日11日で、東日本大震災からまる2年が経ちました。

東北地方から関東を襲った3.11の大震災、翌12日の栄村を中心とする

長野県北部の大地震で、想像もしなかったような甚大な被害が出ました。

被災された方にとっては、2年経ってもまったく過去にならない大きなできごとだと思います。

慎んで、震災や関連するできごとによって命を落とされた多くの方々のご冥福を

お祈り申し上げます。

 

 

今、いろいろな場所で、震災に関連したテーマの展示が行われています。

もし、もう一度震災について考えてみたいと思ったり、何かしたいけれど

何をしたらいいのかな?と思っていらっしゃったら、

ぜひ博物館、美術館に足を運んでみませんか?

もしかしたら、探していた答えが見つかるかもしれません。

 

 

下記にリンクを張ったのは、私Wが見に行く予定にしているものです。

よかったらホームページをのぞいてみてくださいね。

 

茨城県立近代美術館 

「二年後。自然と芸術、そしてレクイエム」 ~3/20(水・祝)

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html

アートフォーラム特別展示 「3.11 ユニセフ東日本大震災報告写真展」 ~3/20(水・祝)

http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/art/index.html#01

 

水戸芸術館

「坂 茂  建築の考え方と作り方」  ~5/12(日)

http://arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=342

※3/24(日)14:00~国内外の災害支援プロジェクトの現場に携わってきた

坂茂アシスタントによるギャラリーツアーがあります。

 

3331アーツ千代田

東日本大震災支援「つくることが生きること」東京展 ~3/31(日)

http://tokyo.wawa.or.jp/

 

仙台市博物館

東日本名地震災復興支援「特別展 若冲がきてくれました -プライスコレクション 

江戸絵画の美と生命」 ~5/6(月・祝)

http://www.city.sendai.jp/kyouiku/museum/tenrankai/index.html

※仙台市博物館のあとは、岩手県立美術館と福島県立美術館を巡回します。

 

 

 

 

 

企画展「甲飛14期生」⑤

3月 6th, 2013

戸張礼記 氏(甲飛14期・陸戦特攻)

 

 昭和16(1941)年、地元(阿見)の君原尋常高等小学校を卒業し、県立土浦中学校(現土浦一高)に進学した。経済的に余裕があり父親が教育者という環境では自然の成り行きだった。その頃からいずれは軍人になりたいと思っていた。当時の男子ならだれもがそうだったように、飛行機乗りになって自由に大空を飛びたかった。

 部活動は滑空部に入った。校庭を拡張した訓練場で、長さ8メートルほどの翼を付けたグライダーを操縦し、初めて地上を離れた時の感激は今も忘れられない。漠然としていた空への憧れがより強くなった。

 昭和17年1月、父が突然倒れた。それまでは憧れで予科練に入りたいと思っていたが、父の死で、母や兄弟を守るために軍人になろうという気持ちが強くなった。

 昭和19年、中学4年のとき志願して予科練の入隊試験を受けて合格。6月1日、土浦海軍航空隊に甲種飛行予科練習生の第14期生として入隊した。土浦中学から約10人が同期で入隊したと記憶している。

 入隊して約1ヶ月間は外出も禁止で「新兵訓練」と呼ばれる基本的な訓練をみっちり仕込まれた。慣れないこともあり一番苦しい時期だった。明けても暮れても体力の限界に挑戦するような予科練の生活は、地獄そのもの。吊床に寝て「やっとこれで一日が終わった」と感じる時が唯一ホッとする時間だった。

 十歳年上の兄は日本大学本科の学生だったが、私が入隊して間もなく予備学生として土浦海軍航空隊に入隊した。(中略)ある日、兵舎内で吊床訓練をしていると、兄がいつの間にか窓の外に立って私を見ていた。訓練中だったので、声を掛け合うことはできなかったが、きっと兄は私のことが心配だったのだろう。その後、隊内で兄に会ったことは一度もなかったが、同じ所に肉親がいるというだけで随分心強かった。

 入隊から9ヶ月が経過した昭和20年3月15日、私たちの分隊は土浦駅構内の汽車の中にいた。青森県の三沢基地に転隊するためだ。部隊の移動は秘密で、敵艦載機の銃撃を避けるため移動は夜間に限られていた。昼は、シャッターを下ろした車内で、ただじっとしていた。退屈で仕方がなかったのを覚えている。三日三晩かかって、青森県の古間木駅に到着したのは真夜中。翌朝、小川原湖近くに点在していた仮兵舎に着いた。当時、三沢基地には土浦の同期約1千人の隊員はいたが、飛行場周辺に、飛行機を爆風から守る掩体壕を造るのが主な仕事だった。トラック用のガソリンも不足していたため、トラックに綱をつけて数人がかりで引っ張って動かした。体力的にもきつかったが、飛行機に乗れないことに何より失望した。

(中略)

 7月25日、三沢基地から大湊海兵団(青森県)に転隊になった。津軽海峡に近い、下北半島の石持という部落の山林に幕舎(テント)を設営して寝起きし、本土決戦に備え、自分で掘った直径1mほどのタコ壺に潜み、上陸してくる敵戦車の下に爆雷を抱えて飛び込む訓練を続けた。終戦はそこで迎えた。ラジオがなかったので玉音放送は聞けなかったが、幕舎の前に整列して「戦争は終わった」と聞かされた。あまりにも突然で、すぐには信じられなかった。負けるとは思っていなかったので実感がわかなかった。

(中略)

 8月25日、復員命令が出た。軍服や下着、配給米、毛布などの入った衣嚢を担ぎ、軍刀を手に汽車に乗り込んだ。途中、仙台駅のホームで一泊、飯盒めしを炊いたりしたのだが、駅員さんが何かと気を配ってくれた。時が時だけに人の親切が心に染みた。(「等身大の予科練」から抜粋)