Loading
Language

企画展

平成28年度 収蔵資料展「旗と手紙」を開催いたします※終了いたしました。

日程:2016年12月06日(火)から2017年03月12日(日)

(月曜日休館。ただし、月曜日が祝日の場合、翌火曜日が休館)

○時間
9:00~17:00
○場所
予科練平和記念館内20世紀ホール
○入場料
通常観覧料でご覧いただけます。

説明

 大変急ではありますが、収蔵資料展「旗と手紙」を開催いたします。
 今回の展示では、当館へ御寄贈いただいた資料の中から、まだ公開されていなかった「寄せ書きされた日章旗」4点と「予科練習生の手紙」を12点ご紹介いたします。

 出征する人へ、家族や親族、友人達が、日章旗に名前や激励を寄せ書きして渡すことは当時、頻繁に行われました。今回の展示では、野球部に在籍した友人や高砂部屋出身の横綱 男女ノ川などが寄せ書きしたものなどを4点選んで展示しております。

 また、今回御紹介する手紙は、丙種第六期海軍飛行予科練習生 桑原幸男氏が書かれた手紙です。愛媛県出身の桑原氏は昭和15年(1940)に海兵団に入団。その後、整備兵から予科練に転隊。飛行機乗りになり、昭和20年(1945)7月10日に戦死されました。今回ご紹介するのは、海兵団時代から、その後実践部隊に配属される間に家族へ送った手紙12点を展示しております。手紙には検閲を受けたあとなども残っており、また桑原氏の愛嬌のある当て字や誤字脱字が見て取れます。

 今回の展示で、皆様の勉強の一助となれば幸いです。