エモーショナルな一日

2月 27th, 2013

みなさんこんにちは。

学芸員Wです。

今日は静かな雨が降った一日でした。

ここのところずっと乾燥したお天気が続いていましたので、

ほっと一息つける恵みの雨です。

暖かい日、寒い日が何日かずつ、「三寒四温」で交互にやってきて

少しずつ少しずつ、春に近づいているのを感じます。

 

 

先日、水戸市の偕楽園で見た冬至梅です。

早咲きの梅が、寒い中足を運んだ観光客を楽しませていました。

 

 

 

 

さて今日は、2月16日に行った「大人のための朗読会」と「冬の星空ファンタジー☆」の

ようすをお知らせしたいと思います。

 

 

 

「大人のための朗読会 加奈の小さなおはなし会」は、今回で2回目を迎えます。

 

 

元茨城放送アナウンサーで、現在は朗読活動を精力的に行っていらっしゃる

加奈さんが、ときに心ゆさぶり、ときに心に染みる物語を聴かせてくださいました。

今回は、朗読する『ニワトリおばけ』のイラストもあわせて展示しました。

 

 

最初の『ショールの女』(シンシア・オジック作)は、朗読で約30分の物語です。

ホロコーストの犠牲になった母と娘の物語が、悲しみの果ての慟哭のような、

水分を失ってからからに乾き枯れた木のような言葉で語られていきます。

全体的にモノクロームのイメージがある物語ですが、加奈さんの迫真の朗読が

そこに色を付けてゆき、何ともいえない悲しみの絵ができあがっていく、

そんな感じがしました。

 

シリアスなおはなしの後には、ホットティーのサービス。

今回もたくさんの方が聴きにきてくださいましたが、

みなさん温かいお飲み物で一息ついて、ゆるんでいらっしゃいました。

朗読を聴いていると、意外と体に力が入るものなんです。

 

続いては、加奈さんの恩師、西澤實先生の『ニワトリおばけ』『忠さんと制服』。

やさしい言葉で語られるのでとても聞きやすい物語ですが、あとからじわじわと

いろんなことを考えさせられます。

 

最後に、同じ西澤先生の『うまのおんせん』。

コミカルなお話で、約1時間の物語への旅が終了です。

 

終演後、多くのお客様が、お聞きになった物語の感想を一緒にいらした方同士で

語り合っていらっしゃいました。

心が動いたから、たくさんおはなしすることがあるのかもしれませんね。

みなさんの様子で、朗読会を楽しんでいただけたことがよくわかりました。

 

 

 

加奈さんの朗読は、4月13日(土)に予定している「平和のおはなし会」でも

お聞きいただけます。

ヒロシマ・ナガサキで被爆した方の貴重な体験談もあわせてお聞きいただけますので、

こちらにもぜひご来場くださいね。

入場は無料です。

 

 

「~平和のおはなし会~“今を生きる人たち”へ」

4月13日(土)10:00~12:00

予科練平和記念館ラウンジ 入場無料

 

第一部:ヒロシマ・ナガサキでの被爆体験のおはなし

第二部:加奈の小さなおはなし会

       『原爆詩集』 峠三吉著 より 2編

       『ニワトリおばけ』 ・『瀬戸内の鬼』 西澤實著

       『せかいでいちばんつよい国』 デビッド・マッキー著

       『海軍飛行予科練習生 遺書・遺詠・遺稿集』より 遺書、遺詠4編

       ※内容は変更になる場合があります。

 

共催:茨城県生活協同組合連合会ピースアクション実行委員会

お問合せ:茨城県生活協同組合連合会 ℡:029-226-8487

 

 

 

この日は、夜に「冬の星空ファンタジー☆in予科練平和記念館」が控えていたので、

お客様の様子を見ながら、朗読会の会場を星空天文学の会場につくりかえます。

強い風がなかなかおさまらず、館の外ではキャンドルイルミネーションと屋台の場所を

変更してセッティングしていました。

ありがたいことに、時間が経つにつれて少しずつ風もやみはじめ、

館の外にはすてきなイルミネーションが灯りました。

 

 

 

 

キャンドルでつくられたのは月と星。流れ星もありました☆ミ

 

強風で急きょデザイン計画が変更になってしましましたが、それでも

十分見ごたえがあるすてきな宇宙が、記念館の広場にお目見えしました。

奥にある青いピラミッドは、光る石がはいったグラスが重なってできています。

 

 

 

きれいですね。

たくさんの方が携帯やカメラで写真を撮っていらっしゃいました。

寒くて風も強い難しいコンディションの中、工夫を凝らして

すてきなキャンドルイルミネーションをつくってくださった

みと青年会の皆様、ありがとうございました!

 

 

 

館内での天文学講座も、とてもわかりやすくておもしろいと大好評でした。

教えてくださったつくば星の会の久保庭先生は、休憩なしで200名近い

お客様に不思議でスケールの大きい宇宙のおはなしを聞かせてくださいました。

きっとお疲れだったと思いますが、先生のおもしろさは最後まで途切れませんでした。

 

 

 

 

 

 

館の外で、つくば星の会さんの大きな天体望遠鏡で実際に星を眺めました。

空がきれいに晴れていたので、望遠鏡越しに神秘的な星の姿を目にすることが

できたのではないかと思います。

たくさんのお客さまにすばらしい宇宙をご案内してくださった、久保庭先生はじめ

つくば星の会の皆様、ありがとうございました!

 

 

展示解説員Sさん、Tさんと私Wは、「夜の記念館でクイズラリー」を担当。

「かんたん」から「すごくむずかしい」まで、4段階あるクイズの答えをさがして、

真っ暗な記念館をペンライトで探検するクイズラリーです。

 

 

 

写真では何がなんだかわかりませんが、参加してくださったお客さまが

ペンライトで展示を照らして答えを探しているところです。

 

クイズはとっても好評で、「もう一回!」とおかわりするお子さんもたくさんいらっしゃいました。

参加者には、売店で販売している「予科練の街クッキー」を1枚ずつプレゼント。

こちらも喜んでいただけました。

 

 

館内には、この時だけの演出も。

 

 

 

レーザー光線が飛んでいて、まるで宇宙をワープしているような空間です。

光線は次々と形をかえて天井の高い空間を彩ります。

ずっと見ていると、なんだか不思議なところに迷い込んだ気持ちになりました。

小さいお子さんたちが、空を見上げるように光線を見上げていた姿が印象的でした。 

 

 

最後に、久保庭先生が撮ってくださったお写真です。

  

 

 

星と、記念館と、キャンドルイルミネーションが全部一緒に写っています。

準備してきたみんなの記念になるようにという、久保庭先生の優しさ成分が

たくさんはいっています。

星を撮るカメラで写してくださっているので、記念館もまた、広い宇宙の下に

ある場所なんだな、ということがよくわかります。

 

ブログを読んでくださっている皆さんにも、このすてきな雰囲気が伝わるでしょうか?

 

 

ご来場のお客さまから、またやってほしいというお声をたくさんいただき

嬉しい限りです。

予科練平和記念館では、これからもいろいろなイベントを企画していきますので、

ぜひチェックしてくださいね。

 

ご来場くださいました皆さん、寒い中本当にありがとうございました!

 

ご協力くださいましたつくば星の会さん、みと青年会さん、深く深く感謝いたします。

町商工会のみなさん、あみ観光協会のみなさん、前回の「ナイトミュージアム!」の経験を生かして、

てきぱきとお客様をご案内してくれた展示解説員Sさん、Tさん、お疲れ様でした!

 

また一緒に、すてきなイベントができたらいいですね☆ミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企画展「甲飛14期生」④

2月 20th, 2013

濱中榮次 氏(甲飛14期・旧海軍105特攻加賀部隊)

 

 正式名称は、旧海軍の横須賀鎮守府付「海軍第105特別陸戦隊」。当時の隊員は、空挺特攻隊などと呼んでいた。部隊の司令は海軍少佐加賀誠氏(海兵65期)。

 隊員は土浦海軍航空隊甲飛14期出身者が主体で、若干の衛生、主計、砲術等の一般将兵を加え編成された約500名の部隊だった。

 昭和19年にはマリアナ諸島(サイパン、テニアン、グアム)、フィリピンなどが陥落し、翌昭和20年には硫黄島、沖縄などが激戦の上占領されるなど、戦況は一層不利となっていった。昭和19年からは連日のようにB29による大規模空襲が全国の軍施設や主要都市に向けて行われていた。

 特に、マリアナ諸島のアメリカ軍基地にはB29約1,300機が駐留していることを海軍も把握していた。隊の目的は、昭和20年8月、月明かりを利用して一式陸攻や銀河などで出撃し、マリアナ諸島、硫黄島のB29基地を奇襲し、B29を徹底的に破壊するという特攻作戦だった。

 海軍は、アメリカ軍が沖縄周辺に主力を置きマリアナ方面の警戒が薄いと見て、この奇襲作戦が成功するのではないかと考えていたようである。特攻による波状攻撃が成功すれば、日本本土への本格的空襲が当分緩和され、本土決戦態勢の強化、また講和・終戦への筋道をつけることが可能という望みをもっていたと考えられる。

 当時、部隊への作戦伝達は口頭による極秘が貫かれたようで、文書や通信機器は一切使用されなかったらしい。よって、今日、この作戦を裏付ける正式文書は見当たらないとされている。戦後における元司令の談話や元隊員たちの手記や語り等で、当時の状況がかなり明らかになり今日に及んでいる。

 当初は沖縄戦に間に合わせるため部隊編成は昭和20年2月と予定されていたが、諸事情で7月になった。編成は昭和20年7月末に横須賀海軍砲学校で行われた。私は、加賀部隊第2中隊第6小隊第3分隊所属で、当時の階級は飛行兵長だった。この横砲は「トンネルくぐれば軍紀風紀の風が吹く」と言われたところである。私が105部隊員として短い在隊中、兄と偶然出会い何日か語り合ったところであり、昼夜問わずの激しい空爆下での訓練が行われたところであり、思い出も多い。訓練としては、自動小銃(ビルコマン)の扱い、徒手体操、敏捷さを身につけるための駆足の他、夜目を慣らすために夕方出発して山野を駆け巡る陸戦訓練などが行われた。秘密部隊の編成や当初訓練のために横砲は格好の場所であったのか、8月中旬まで17日間滞在した。

 昭和20年8月14日夜半、全隊員が集合し、横須賀から軍用列車で秘密裡に出発した。行き先は北海道千歳特攻基地と聞いていたが、三沢基地に変更となった。

 8月15日の終戦は全隊員がこの列車の中で迎えた。東北線古間木駅で下車後、広場で司令から終戦が伝達され。三沢基地に何日か待機することとなる。特に混乱もなく、皆次の指示を待っていた。やがて横須賀に戻り、部隊の大半は横須賀対潜学校付となり、作戦中止後の終戦処理(残務事務、重要書類焼却、武装解除、物品現金等の運搬授受)にあたった。部隊の一部は戦闘機搭乗員たちの反乱が懸念された厚木基地に派遣され、警備の任についた。私たちはNPの腕章を付け、外部からの不穏分子進入警戒と、連合軍の無事な進駐のための準備にあたった。武装部隊の出動は、正しく組織訓練され秩序が維持されていなければならず、私たちはよくその任を果たしたと思う。

 8月28日にアメリカ軍の進駐が始まり、マッカーサー将軍も到着した。小型機、輸送機、ジープ、無線技術、そして将兵達の様子を見て日本との大差を強く感じた。やがて105部隊の武装解除となったが、内地では最後ではなかったかと思う。

(「旧海軍105特攻加賀部隊について」から抜粋)

 

明日はイベントめじろおしです

2月 15th, 2013

みなさんこんにちは。

学芸員Wです。

ちらほら梅のたよりを耳にするようになりましたね。

百花にさきがけて春一番に咲く梅は、菊・竹・蘭と並んで

「四君子」と言われ、格の高い植物とされています。

また、日本を代表する花といえば桜と思いがちですが、

日本最古の和歌集「万葉集」では、梅を詠んだ歌が桜の歌よりも3倍近く多いのだそうです。

昔の人も、春を知らせてくれる梅の開花を待ちわびて、とっても

気にしていたのかもしれませんね。

 

茨城県内の梅の名所、筑波山では今週土曜日から、水戸市の偕楽園では

20日(水)から梅まつりがはじまります。

おでかけするのが楽しみな季節になってきました。

 

予科練平和記念館でも、明日16日(土)には昼・夜にイベントがあります。

 

♪ お昼のイベント ♪

『大人のための朗読会 加奈の小さなおはなし会』

13:30~ 館内ラウンジ 予約不要 公演時間約45分

休憩時間にホットティーのサービスがあります。

 

元茨城放送アナウンサーの加奈さんによる、大人のための朗読会。

 

 

毎回心に染みるお話を聞かせてくださる加奈さんですが、

今回は映像を使った朗読も予定しています。

いつもとはまた違った雰囲気で、おはなしをお楽しみください。

予約不要で、ふらっとお立ち寄りいただいてもお気軽にお聞きいただけます。

外に出るのはちょっと寒いかな・・・と思われるかもしれませんが、

それ以上の感動を得られると思います。

数々のものがたりに、そして加奈さんの声に心ゆさぶられてみてくださいね。

 

 

 

☆ 夜のイベント ☆

『冬の星空ファンタジー☆in予科練平和記念館』

 17:30~20:30

(天体観測、天文学は18:00~)

 

予科練平和記念館で星空を楽しむイベントです。

詳細は前回の私Wの更新したブログの中でもお伝えしましたが、

1年でいちばんきれいな星空をみんなでながめよう!という企画です。

 

 

今回講師として冬の星空のお話をしてくださる久保庭先生の撮影なさった星空です。

先生は、「茨城県おもしろ理科先生」として、たくさんの人たちに天文学のおもしろさを

伝えていらっしゃる方です。

おだやかな語り口で、どんな宇宙の不思議を教えてくださるのかとても楽しみです。

 

星空のイベントは、たくさんの方にお申し込みいただき、現時点で定員に達しております。

ご予約いただいたみなさん、ありがとうございます。

今回のイベントには、グルメブースで引き換えられるチケットもついていますが、

担当者に聞いたところ、おいしいものがたくさん用意されているようです。

こちらもぜひお楽しみになさってくださいね。

 

 

また、当日は予約がなくても参加できるイベントはこちらです。

 

「夜の記念館でクイズラリー」

17:30~ 館内エントランスホールで受付 予約不要 参加無料

 

ペンライトを持って、暗い館内にクイズの答えを探す旅にでよう!

クイズ王に、おれはなる!!

館内にはこの日しか見られない演出がしてあります。

参加してくださった方には、おいしいプレゼントもありますよ。

 

クイズの難易度は、Easy→Normal→Hard→Very Hardの4種類ありますので、

ぜひチャレンジしてみてくださいね☆

展示解説員さんもてこずったVery Hardが解けたあなたは、

完全に予科練平和記念館マニアです。

 

 

館の外には、キャンドルが幻想的にゆらめいています。

その数なんと1,000個以上!

水戸や大洗を中心にキャンドルイルミネーションのイベントを手掛けている

みと青年会さんがプロデュースしてくださっています。

キャンドルだけもすてきですが、当日はゴージャスに光るシャンパンタワーも

お目見えする予定です。

写真で見せていただきましたが、とってもきれいでした。一見の価値がありますよ☆

バレンタインにうまくいったカップルのみなさんも、そうじゃないみなさんも、

ロマンティックなイルミネーションで気分を上げてくださいね↑↑

 

明日夜は冷え込むことが予想されます。

会場ではホッカイロ等の防寒具の販売はございませんので、

どなた様も防寒対策を万全にしてお越しください。

  

今日は冷たい雨が降っていますが、みんながんばって準備しておりますので、

明日はどうか晴れますように。

 神様と、天国の予科練生にお祈りしています。

 

 

 

企画展「甲飛14期生」③

2月 6th, 2013

増田三郎 氏(甲飛14期・飛行場増設支援)

 

 昭和18(1943)年の暮れ、甲種予科練生の受験資格が緩和され、中学3年終了程度の学力で、入隊時に14歳6ヶ月以上とされた。そのため、私は中学2年の3学期頃試験を受け、昭和19年3月25日に合格通知を受け取った。土浦海軍航空隊に入隊した6月、14歳6ヶ月になった私は、同期生の中でほとんど最年少だった。4日間の身体検査の間、さっそく下士官たちが同期生にバッターを振るうのを見て、最年少で、体も小さかった自分に耐えられるか不安になった。訓練ではやはり2、3歳年上で、体格も一回り大きい同期の仲間についていくのは容易ではなかった。

 入隊してしばらくたった頃から、戦況の悪化はうすうす感じていた。情報は厳しく統制されていたが、軍艦が沈められているという噂はどこからともなく耳に入ってきた。果たして翌昭和20年からは敵の爆撃が激しくなった。第二警戒配備のサイレンが鳴ると、対空戦闘要員に選ばれた私は、77ミリ旋回機銃を担いで本部庁舎屋上に設けた土嚢囲いの銃座で戦闘配備についた。

 約1万メートルの高度を飛行するB29の編隊を私たちは唇を噛んで見上げるしかなかったが、恐ろしかったのは艦載機だった。本部庁舎前にあった高射砲陣地を狙い、パイロットの顔が見えるくらいの至近距離まで急降下、機銃掃射を仕掛けてくる。バリバリッ、とう耳をつんざく音とともに、空薬莢がバラバラ降ってくると思わず銃を握り締めた。口の中はカラカラに乾いた。撃たれるかもしれないという恐怖感で、身が凍るようだった。その頃から陸戦の訓練が3倍に増えた。隊内で一番広い第2練兵場で、模擬地雷を背に、匍匐(ほふく)前進で敵の戦車下に潜り込む反復演習が続いた。私たちはアメリカ軍の上陸を海岸線で阻止する肉弾特攻兵とみなされていた。「飛行機乗りになろうと思ったのに、最後はこんな死に方か」と思ったが、自分の力でどうにもなることではなかった。

 そんな訓練が続いた3月のある日、突然「来週、飛行場増設の支援のため厚木基地に行く」と告げられ、出発当日、予科練教育が中止になると知らされた。昭和20年3月、首都防衛の第一線部隊である厚木基地には、零戦や雷電、紫電などの飛行機が何十機も並んでおり、B29を迎撃するために飛び立つ戦闘機の爆音を聞くと、私の気持ちも奮い立った。

 厚木基地で数泊した後、2キロほど離れた航空廠で滑走路を造る作業に駆り出された。近くの山林に大きなテントを張って営舎にし、シャベルを手に毎日畑を地ならしして、コンクリートを流し込んだ。作業中も連日のように艦載機が来襲したが、基地の外にいる私たちには空襲警報も伝わらずまったく無防備だった。丸腰で狙われているという恐ろしさは、経験した者にしか分からないだろう。

 8月15日、普段通りの作業をしていたが、昼過ぎに集合がかかり飛行場の片隅に集められ「戦争が終結した。これから各自、十分自覚した行動をとるように」と分隊長から指示された。張りつめていた気持ちが虚脱感に変わった。2、3日後、原隊復帰の命令を受けて土浦海軍航空隊へ向かった。汽車で横浜、川崎、東京を通過するたび、空襲の残した爪痕に胸を突かれた。(「等身大の予科練」から抜粋)

開館3周年をむかえます

2月 1st, 2013

みなさんこんにちは。

学芸員Wです。

今日もきれいな青空です。

 

 

 

私Wの席からも、こんな風に見えます。

窓が光ってしまいましたが、上の写真と同じような青空が見えています。

 

 

お隣の公園では、小さなお子さんとおとうさん、おかあさんたちが

楽しそうに遊んでいます。

明日はもっと気温が上がって、3月下旬ぐらいの陽気になるとか。

一歩一歩、春に近づいているんですね。

 

 

数日前から気になっている小さな芽。

枯れ枯れの芝生の中にぽつんとあります。

今年一番に気付いた春のお知らせです。

残念ながら、枯れてるほうにピントがあってしまいました。

 

 

予科練平和記念館は明日で開館3周年を迎えます。

思い起こせば3年前の今日は雪が降っていました。

あのとき、そして東日本代震災後に1ヶ月近く閉館していたことを思い返してみると、

今こうやって大きな事故もなく毎日お客様をお迎えすることができるのが、

本当にありがたいことだと思います。

「戦争」という重いテーマを扱う記念館ですが、阿見町民のみなさんはじめ

多くの方に広く親しんでいただける場所になれるよう、スタッフ一同、

毎日がんばっております。

これからも変わらぬご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

明日の開館記念日は観覧料が無料です。

先着100名様には、館オリジナルの写真絵はがきを差し上げます。

なくなりしだい終了になりますので、ご希望の方はお早めにご来館くださいね。

 

 

*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*――*☆*

 

 

2月は一年で一番星空がきれいなのだそうですが、皆さんは夜空を見上げていますか?

霞ヶ浦湖畔地域は、星を見るのにとっても適しているそうですね!

そこで、ちょっと寒い時期なのですが、予科練平和記念館で星空を見るイベントを行います☆

 

「冬の星空ファンタジー☆in予科練平和記念館」

2月16日(土) 17:30~20:30

館内外でさまざまなイベントをおこないます☆(※荒天中止)

 

 ☆1 天体観測ショー(約30分)

館の広場で天体望遠鏡を使って星空を観察します。

「つくば星の会」のスタッフさんがわかりやすくナビゲートしてくださいます。

☆2 冬の星空天文学(約30分)

予科練平和記念館のラウンジで、プロジェクターを使って星空を解説します。

「つくば星の会」所属で、茨城県おもしろ理科先生の

久保庭 敦男先生がとってもやさしくわかりやすく教えてくださいます。

 

こんな写真とか

(美浦村の霞ヶ浦湖岸で撮影)

 

こんな写真とか

(2012年7月 霞ヶ浦湖畔にて 明け方)

 

久保庭先生がご自身でお撮りになった美しい写真もたくさん見せていただけると

思います。

とってもやさしい先生なので、星空初心者の方にもおすすめです。

その日から冬の星空博士になれちゃうかもしれませんよ!

 

☆1・☆2は事前予約制です。

これにホットスープ1杯サービスで、おひとりさま500円(大人・こども一律料金)です。

200名様限定ですので、ぜひお早めにお申し込みください。

お友達どうしで、親子で、ご夫婦で、カップルで。

おひとりでのご参加も大歓迎です。

寒い時期ですが、みんなと一緒に美しい星空を眺めて、

宇宙の神秘に目を向けてみませんか?

 

お申し込みはこちらです☆↓↓☆

あみ観光協会(℡:029-888-1111 内線171・175)

 

 

当日いらしても楽しめるイベントはこちら☆ミ

 

☆3 夜の博物館でクイズラリー

まっくらな予科練平和記念館をペンライトで探検しながら

クイズに答えよう!

参加者にはプレゼントを差し上げます☆

探検に必要なものを受付に用意していますので、最初にお立ち寄りください。

館内には、この日限定の演出がしてありますので、楽しみにしていてくださいね。

 

(前回「ナイトミュージアム!」の様子)

 

☆4 キャンドルイルミネーション

予科練平和記念館を、1,000個を超すキャンドルで彩ります。

きれいな星空の下、素朴であたたかなあかりを見てほっこりしませんか?

ふつうのことの大切さ、人と人とのつながり、いろんなことを思い出すかも

しれません。

日頃のいやなこともふきとんで、やさしい気持ちを取り戻せますよ☆

 

今回は、「つくば星の会」様、「100万人のキャンドルナイトプロジェクトチーム」様

「みと青年会」様、「大洗海の大学」様はじめ、たくさんの皆さんにご協力いただいております。

この場をお借りして、心から御礼申し上げます。

町商工観光課のスタッフと私Wも、ご来場くださる皆さんに喜んでいただけるよう

がんばって準備を進めておりますので、

当日お時間がございましたらぜひお運びくださいね☆

きっとすごく寒くなると思いますので、寒さ対策MAXでお越しください。

皆さんのご来場をお待ちしております。

 

お申し込み・お問合せ

あみ観光協会

℡:029-888-1111(内線・171・175)

 

チラシはこちら

http://www.yokaren-heiwa.jp/05tenrankai/04event.html