再会の日

5月 29th, 2012

みなさんこんにちは。

学芸員Wです。

5月最終週にはいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

気温が上がって雨も降るので、植物の成長が早いですね。

こんもりあおあおとした木が、とても美しく見えます。

若草色 若芽色 若菜色 若苗色 草色 苔(こけ)色 松葉色 萌黄(もえぎ) 柳色・・・

日本の緑には植物にちなんだたくさんの美しい名前がありますね。

数値的なものさしではなく、感覚に密着した色の分類の美しさを感じて、

日本の美しい自然に心から感謝したくなります。

 

 

予科練平和記念館のまわりの芝生も青々としてきました。

芝に混じって、あちらこちらにかわいらしい“ばんざい”が見えます。

 

 

気をつけて見るとそこかしこにいろいろ生えていますが、

シラスに混じっている小さいタコとかえびとかを見つけるような楽しさに似ている気がします。

去年はベビーもみじの成長を楽しみにしていたら芝と一緒に刈られてしまったので、

今年は刈られる前にどこかに移植しようと考えています。

 

最近Wにもお気に入りの緑があります。

 

女優の宮崎あおいさんがイメージキャラクターをつとめる服飾ブランド

「earth music&ecology」が行っている「クローバープロジェクト」で、

募金をするといただけます。

 

これは、被災地支援のボランティア組織「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の一つ

「ミシンでお仕事プロジェクト」に連携した活動で、南三陸町のお母さんたちの

自立支援をささえるものです。

 

クローバーは全部で5色あるそうですので、

見かけたときには、ご協力いただければ嬉しいです。

 

ミシンでお仕事プロジェクトについては、下記のページにまとまって

おりますので、どうぞご覧ください。

 

 ふんばろう東日本支援プロジェクト ミシンでお仕事プロジェクト

http://wallpaper.fumbaro.org/machine

 

 

さて、先日27日(日)第45回予科練戦没者慰霊祭が

おとなりの雄飛園で行われました。

お天気もよく暖かい一日でしたので、平和を願い故人に想いを馳せる方、

天国からかつての同期生や家族に会いにいらした予科練生のどちらにも

穏やかにすごせたよい一日だったのではないでしょうか。

 

予科練平和記念館にも、慰霊祭にご出席の元予科練生がたくさんおみえに

なりました。

顔見知りの元予科練の方がわざわざあいさつに来てくださったりして、私個人的にも

嬉しい再会の一日となりました。

なかでもスペシャルな方がこちら!

 

 

伝説の予科練生。1期生の伊藤進さんです。

山口県から美しい奥様とご一緒にお越しくださいました。

 

全身から発せられるエネルギーがお若くて、とてもご年齢(98歳)には思えません。

先日もオーストラリアの撮影隊が自宅に来たそうで、錦帯橋まで行って

ロケしていらしたそうです。すごい!!

現在もご自分の会社の会長さんをなさっておられて、

先ごろ豪華客船「飛鳥Ⅱ」でのオセアニアクルーズから

お帰りになったばかりです。

 

伊藤さんには、去年、予科練平和記念館で毎年行っている戦争体験者のインタビューのために

ご自宅におうかがいしたことが縁でお会いすることができました。

伊藤さんのことを考えると、いつも「希望」ということばが思い浮かびます。

人間の可能性を感じるからです。

 

年齢を重ねると、どうしても人間は柔軟性を失いがちになるように思います。

体にしても考え方にしても。

思うようにはいかない人生を必死に生きているうちに、ほとんどの人が

いつしかそうなっていくのかもしれません。

でも、伊藤さんは、今では考えられないような様々な矛盾や理不尽もあったであろう

戦前~戦後の激動の時代を生き抜いて、

不況下でかじ取りが難しいと思われる会社経営をこなし、

なお穏やかに笑っていらっしゃいます。

器の大きい人というのは、このような方をいうのだなと実感いたします。

 

若輩者の私Wですが、「つまらない大人にはならない」ということを自分との約束としています。

(文字にするとなんだか偉そうですね・・・あまり大したことではないのですが・・・)

伊藤さんのように、人生を能動的に生きていらっしゃる方は本当に心から尊敬いたします。

 

伊藤さんのところには毎日お客様がいらっしゃるとのことで、お忙しい毎日だと思います。

どうぞご自愛くださり、またお会いできますことをファンの一人として楽しみにいたしております。

 

 

再会もあれば、新しい出会いもあります。

記念館の入口にある防犯カメラの上に、つばめが巣をつくりました。

おとうさんとおかあさんが巣材を運んできて、あっという間に立派な巣ができあがりました。

人が通るたびにどこかに飛んでいってしまうので、

つばめにとってあまり落ち着ける環境ではないと思うのですが、

無事にひなが誕生してくれることを祈っています。

 

 

ご来館の際には、みなさんもどうぞあたたかく見守っていただければ幸いです。

 

また、昨日5月28日(月)18:10~NHK首都圏ネットワークで、

現在館内でご覧いただけます第5回所蔵資料展「兄を追って」展の

レポートが放送されました。

今日はそのお問い合わせも多く、ご来館のお客様からも、「見たよ」のお声を

たくさんいただいております。

NHKさんの影響はとても大きいですね。

「兄を追って」展は、6月24日(日)まで、常設展観覧チケットでご覧いただけます。

こちらもどうぞご覧ください。お待ちいたしております。

 

第5回所蔵資料展

http://www.yokaren-heiwa.jp/05tenrankai/03zosyoten.html

 

イベント報告

5月 28th, 2012

 過ぎる5/2(日)に、予科練平和記念館学習会「戦跡を巡る」を開催しました。 

 昨年の8月に第1回目を開催しましたが、その時は阿見町内の遺跡を巡りました。そして暑かった…。

 今回は皐月の涼風が吹き通るこの好季節に、阿見のお隣、美浦村の旧鹿島海軍航空隊跡と稲敷市の大日苑を見学しました。

 当日には、元甲飛13期生でいらっしゃる浅川六郎様、町井善録様をはじめ、亡くなられたご主人が元予科練出身で鹿島海軍航空隊にも在籍された山木郁子様、坂入つる子様も遠路からお越しいただきました。バス車中ではそれぞれに、自己紹介かたがた予科練や鹿島海軍航空隊に関する思い出をお話しいただき、お話会の趣を呈するにもいたりました。たいへん貴重なお話を伺うことができ、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 予科練平和記念館から約40分、田園風景を眺めながら旧鹿島海軍航空隊跡に着きました。現在の美浦村大山という地で、霞ヶ浦を隔てた対岸に行方や稲敷の地が、私にはまるで中国の景勝地を描いた絵のように思える、たいへん景色のよいところです。

 この地は今も穏やかな田園の一角にあることからか、旧本部庁舎(戦後は東京医科歯科大病院棟として使用された)、煙突を伴ったボイラー室をはじめ、倉庫、号令台や防空壕、また各施設の土台などが、緩やかに流れる時に身を任せるかのように残されています。この一帯は現在国有地となっている関係もあり敷地への立ち入りが難しいため、当日も願い空しく敷地周辺から遺跡を遠望することに止まりました。

 また、湖に面したところでは水上機が離発着した滑走台や、やはり水上機を発射したカタパルト跡、またボートの発着場(舟着場)などが残されています。昨年の大地震により東側と南側に残っている滑走台はだいぶ歪んでしまい、現在大規模な修理が行われています。滑走台は水中まで達するなだらかなスロープを持ちますが、そこまで全ての部分を修理するという大規模な工事のようです。とうのも、今、ここはレジャーボートの一大基地になっているためでもあるでしょう。

 私はこの地のすばらしい景色もさることながら、個人的には民間のレジャー施設に変貌している点が好きなところです。

 今回は53名様のお申し込みをいただき、大型バスで移動した関係もあって、思うようなご案内ができないところもありました。その点、ご参加者にお詫び申し上げますとともに、今後に役立たせていただきたいと考えております。

 その後、大日苑を見学しました。

 大日苑は、江戸崎入干拓事業に取り組んだ植竹庄兵衛氏の住宅として昭和14年(1939)に建設されました。その後、昭和18年(1943)から昭和20年の終戦時まで練習連合航空隊司令官をお務めになり、土浦海軍航空隊まで通勤された久邇宮朝融王(くにのみやあさあきらおう)のご住居として選定された建築で、現在は、国の登録有形文化財に指定されています。

 当日は稲敷伝統文化保存会の野口様をはじめとする方々にたいへんお世話になりました。洋館と和館からなる大日苑の内部隅々を熱心に解説くださいました。本当にありがとうございました。

 私は建築の専門家ではありませんが、細部の意匠にまで凝った、当時の「念入りな」住宅という印象です。特に、洋館2階の床柱は各部屋で趣が異なり、見るごとに「おっ」と思わせられるものばかりでした。

 人が住宅を住み慣らし味わいを持たせていく一方で、住宅が人の心を穏やかにも美しくもすることでしょう。かつて、そのどちらの作用も確かにあったかと思わせる大日苑でした。

 ちなみに、大日苑とい名称の由来は「大日如来」を祀るお堂があったことに由来するとのこと。現在も大日堂が敷地内にありました。新たな知見を加えることができ、こうした屋外学習の機会にふさわしいと思いました。

 こうした小さな旅を楽しんでいただく一方、この学習会は、遠くなりつつある戦争の時代に思いを馳せ、戦争がない現代の日本がどれほど恵まれているか、またその恵みは命を張って戦ってくれた方々の賜物であることを再認識する目的を持ちます。

 次回は今秋、10月に学習会を予定しております。詳細については後日に広報いたします。

 お時間があれば、皆様どうぞご参加下さい。

朗読会のご報告

5月 19th, 2012

5月6日(日)に発生した竜巻によって亡くなられた方に、

心よりお悔やみ申し上げます。

また、竜巻と雹の被害を受けられて、今も不自由な生活をなさって

おられるたくさんの方に、心よりお見舞い申し上げます。

 

こんにちは。学芸員Wです。

先週末に起こった竜巻は、本当に驚きましたね。

特に被害の大きかったつくば市北条地区と、予科練平和記念館は、

直線距離にして20㎞ほどしか離れていません。

こちらでも雨風は強かったのですが、まさか竜巻が発生しているとは

思いませんでした。

 

ここ何年も、「異常気象」という言葉が繰り返されていますが、

もしかしたら、地球規模で何かしらの大きな変化が起きているのかも、と

思ってしまいます。

 

いつ何があってもおかしくないと思うと、逆に今の大切さが見えてくるように思います。

あとどれくらい残っているのかわからない私の命の時間ですが、

せっかく使うのなら、誰かのためになる有意義なものにしたいと思っています。

 

 

 

さて、今日は、先週末におこなった朗読会のご報告をしたいと思います。

 

5月12日(土)13:30から、予科練平和記念館のラウンジで、

大人のための朗読会を開催しました。

 

 

読み手は、元茨城放送のアナウンサーで、現在は阿見町の観光大使をなさっている

藤田加奈子さんです。

この日は、戦争と平和を考える6つのショートストーリーを朗読してくださいました。

 

 

『ちいさなへいたい』 パウル・ヴェルレプト作

『ニワトリおばけ』『瀬戸内の鬼』『忠さんと制服』『選手になれ』西澤 實作

西澤さんは、藤田さんの恩師だそうです。

最後に、童話作家小川未明の『野ばら』。

 

人の優しさ、それゆえの悲しさ、戦争の理不尽さなど、それぞれの物語に力があって、

ストーリーの構成もとてもすばらしかったのですが、

なにより、藤田さんの豊かに響く声が、お聞きになっている方の心を

ぐぅっと深いところへ引き込んでいくのがわかりました。

 

ただ読むだけでは見過ごしてしまうような、登場人物の小さな心の動きまでもが

藤田さんの声で鮮やかに再生されていくような感じです。

1時間という時間のなかで、様々な人生を体験したような、

深く感動する映画を観たようなカタルシスを感じることができます。

 

語りに静かに耳を傾ける。

平和であるからこそ持てる時間ですね。

 

大人のための朗読会、次回は来年2月16日(土)です。

皆さんもどうぞ、昼下がりのひとときに豊かな時間をご体験くださいね。

 

 

 

さて、現在、予科練平和記念館では、第5回所蔵資料展

「兄を追って」展を開催しています。

辻兄弟、甘道(かんどう)兄弟という、戦死してしまった予科練生をお兄さんに持つ

二組の兄弟の資料を展示しています。

今回、所蔵資料展で展示している資料の半数は、阿見町在住の

辻 猛さんより寄贈していただいたものです。

 

この度、NHK水戸放送局のニュース番組内で、

辻さんのレポートを放送していただけることになりました。

 

辻さんのお兄さんは乙種第14期予科練生でした。

地元徳島では有名な秀才でしたが、経済的な理由で進学せず、1939(昭和14)年に

予科練に入隊しました。

予科練卒業後、飛行練習生を経て間もなく、アメリカ軍の潜水艦が日本の

領海内に入ったため偵察に出撃、そのまま行方不明になってしまいました。

5日後、静岡県御前崎沖で、片足のない遺体で発見された辻さんのお兄さんは、

まだ二十歳の若さでした。

 

辻 猛さんは、昭和40年代に、予科練があったという縁で阿見町を終のすみかと

定められ、大切に保管なさっておられたお兄さんの小学校時代からの遺品は、

町に寄贈してくださいました。

資料は今、予科練平和記念館の各展示室に展示されています。

 

今回、NHKさんは3日間に渡り辻さんを撮影されました。

 

撮影の様子です。

 

 

結城市から中学生が来てくださいました。

 

 

 

辻さん、長時間の撮影本当にお疲れ様でした。

NHKさんも丁寧に取材してくださり、ありがとうございました。

 

放送は5月22日(火)18:10~19:00の「ニュースワイド茨城」内です。

茨城県の県域放送のため、場所によっては受信できないこともあるようです。

もしご覧いただける環境にいらしたときには、ぜひご覧くださいね。

 

 

舞い上がる希望

5月 11th, 2012

 好季節を迎えました。

 梅も桜も平年からは一週間ほど遅れた今年の花暦ですが、つつじも例外ではないようで、記念館隣の児童公園には昨年ほどの華麗さが未だ見られません。

 しかし、霞ヶ浦を渡ってくる風は実に心地よい涼風です。再びこの季節に巡り会えた喜びを感じます。

 

 そのような朝をいっそう爽快にしてくれる仲間が記念館に住んでいます。

 私が気付いたのは3月頃からでしたが、それは一生懸命に羽ばたきながら、のどかにして力強い鳴き声を四方に届かせる鳥です。もうお分かりでしょう、雲雀(ひばり)がこの記念館の仲間に加わっています。

 ひばりは、どうも晴れた日にしか鳴かないような気がしていますが、あの絶え間ない可愛らしい声が聞こえてくると、思わず声の主を探します。一生懸命に羽ばたくその向こうには蒼空が広がっているもので、1日の始まりとしてこれ以上ない音楽と景色を授けてくれる小鳥です。

 観察していると、上昇するときばかりでなく下降しているときも鳴いています。地面まであと数メートルに迫ったときフッと声を収めて地面に降り立ちます。

 声のありかで空の高さを感じさせるとは愉快な存在ですが、この「春の天使」は鳴いて縄張りを主張しているとのことです。しかし、生存活動のために声が上っても下っても「希望」をその音楽から感じるのは私だけではないようです。

 ひばりは茨城の県鳥に選ばれており、また県の広報誌の名称にも使われています。茨城県のホームページを参照すると「…その歌うさまはのどかな中にも希望を沸かせる力強さがあり、本県の豊かな自然環境や農村環境に調和し、親しまれている鳥である…」その通りだと私は賛同します。

 

 私が子どもの頃、県西の農村地帯に住んでいた祖母の畑で、よく草むしりを手伝わせられました。手伝わせられました、のことば通り、子どもの私は全く消極的な態度で畑にいたのですが、思い出すその場面には必ずひばりの音楽があり、青い空があり、そして「真面目にやれ」と怒られている声があり、たいへん懐しいものです。ひばりの声を聞きながら畑に座り家族でおむすびを食べていた思い出も、当記念館の仲間に蘇らせてもらいました。

 カルガモは親子で同じ場所に子どもを生み育てるようですが、ひばりの生態はどうなのでしょう、私にはよく分かりません。

 しかし、大空に憧れた予科練生がここ阿見に集っていたとき、今、元気な姿を見せてくれているひばりのご先祖もやはりこの地に生きていたような気がするのです。もしそうなら、予科練生が目で追った青空と私が目にする空とがやはりつながっている、そのような郷愁に誘われます。

耳から広がるものがたり

5月 1st, 2012

みなさんこんにちは。

今日は八十八夜。立春から数えて88日目です。

「夏も近づく~♪」の歌どおり、気温が上がってきましたね。

やっとフリース&毛布のチームぬくもりから卒業を果たした学芸員Wです。

 

ゴールデンウィーク真っ最中ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今年は最長9連休。国内へ、国外へとご旅行に出かける方がとても多いそうですね。

楽しい思い出をたくさんつくって、日常の重荷をリフレッシュしてくださいね。

私Wは、ゴールデンもシルバーもそれほど関係なくすごしておりますが、

お休みの日にはご家族連れのお客様のご来館が多くなりますので、

いろんなご家族にお会いすることが楽しみの一つになっています。

 

ご家族がまとまっていらっしゃると、お住まいの環境や雰囲気、食生活まで

何となく伝わってきますよね。

幸せそうなご家族の姿は、見ているこちらまで幸せになります。

各家庭大なり小なりいろいろなことがあると思いますが、

「国家の最小単位は家族」といいますので、仲良しの家族がもっと増えるといいなぁと思います。

 

ツツジが勢いよく咲いてきたお隣の公園は、休日になるとさながら青空保育園のようです。

小さな体に爆発的なエネルギーを秘めて子どもたちが遊んでいます。

館の桜も若芽が勢いよく伸びていて、子どもたちの姿と重なります。

 

 

 

ツツジの写真を撮りに外へ出たら、かわいいわんちゃんとかわいいおんなのこに

出会いました。

 

 

かわいいおしりはコーギーのももこちゃん

今日お誕生日だそうです。おめでとう!!

チワワのさくらこちゃんは、今日が初お散歩。

頑張ってね!

 

 

勇気を出してタッチ!

こうした小さな交流が生まれるのを見るのも楽しみです。

こころが暖かくなりました。

飼い主さん、お母さんと娘さん(お名前うかがわずに失礼しました)

ももこちゃんとさくらこちゃん、またぜひいらしてくださいね!

 

さて、ゴールデンウィークは終わっても毎週末休みはやってきます。

今日は来週土曜日のイベントをご紹介させていただきます。

 

朗読会「加奈の小さなおはなし会」

5月12日(土)13:30~

予科練平和記念館ラウンジ

入場無料

 

元茨城放送のアナウンサーで、現在は阿見町の観光大使をなさっている

藤田加奈子さんによる朗読会です。

大人の方に聞いてほしい、平和を考える小さなものがたりを

いくつか読んでいただける予定です。

 

子どものころは親や学校の先生に本を読んでもらう機会がありますが、

大人になると、自分から進んで見つけないかぎりなかなかないですよね。

 

大人である、という仕事をひととき忘れて、あたたかな声がつむぐものがたりに

耳を傾けてみませんか?

きっと、心の中にずっと探していた何かが見つかるかもしれません。

予科練平和記念館にはなかなかはいりづらいと思われるみなさんも、

入場無料ですので、どうぞお気軽にお越しください。

 

 

 

今日は、J:COMさんが所蔵資料展の取材&撮影にきてくださいました。

風邪を引いて体調のよくないなか、取材してくださってありがとうございます。

私Wも、にわかへっぽこリポーターとなって展示のご案内をさせていただきました。

なるべくご迷惑かけないように、と思いましたが、考えをわかりやすい言葉で

まとめて言葉にするのは本当に難しいことですね。

何度もNGを出してしまいました。

アナウンサーさんやレポーターさんはすごいんだなぁ、と改めて思います。

 

今日撮影したものは5/14(月)~5/20(日)の間の一日3回放送されるそうですので、

どこかで皆さんのお目に止まれば幸いです。

こんなやつが展示を作っていたのか、とがっかりなさらないでくださいね。

ご来館の折にWを見かけたときには、お声をかけていただけたら嬉しいです。

 

J:COM茨城

http://www.jcom.co.jp/jcom/ibaraki.html