Loading
Language

映像ライブラリー検索

カテゴリー検索

検索結果

検索項目 全て  表示件数 8

元 乙種十九期 予科練生講演会 予科練生から教官へ~戦後七〇年の回顧~』小林和夫氏

小林さんは日米開戦の翌年、昭和17年に予科練の入隊試験に合格すると、土浦海軍航空隊に入隊しました。厳しい訓練を終えた予科練卒業後は茨城県の北浦海軍航空隊で飛行訓練を行い、終戦時には奈良の大和海軍航空隊で飛行教官をされていました。

[記録日] 平成27年2月21日

元 甲種十四期 予科練生講演会 『よみがえる 私の予科練時代』 久津美明氏

太平洋戦争末期の昭和19年6月、海軍甲種14期飛行予科練習生として土浦海軍航空隊へ入隊。予科練での訓練を経て、昭和20年に三沢航空隊へと転隊、終戦時には大湊の特別陸戦隊に編成されていました。予科練での生活の内容や、当時のお話など、久津美さんが経験した思い出を語っていただきます。

[記録日] 平成26年12月20日

元予科練生講演会 内田次雄氏

甲飛14期生であった内田氏は、土浦海軍航空隊で訓練を受けた後、横須賀海軍航空隊において105部隊(一式陸攻や銀河など大型爆撃機を用いてマリアナ諸島方面のB29に特攻をかける部隊)の訓練を受け、青森・三沢で終戦をお迎えになった後、厚木へ移動し、戦後処理にあたりました。その貴重な体験談をお聞きしました。<br />

[記録日] 平成26年11月23日

元甲種13期生 德永三好「予科練習生・飛行練習生時代の強烈な体験」

昭和18年、満州で予科練の入隊試験を受けて合格すると、徳永さんは甲種13期生として、三重海軍航空隊奈良分遣隊に入隊しました。<br /> 卒業後は広島に移り、最後の飛行術練習生である42期生として飛行訓練に入りますが、充分な訓練時間がなく霞ヶ浦へと転隊、郡山で終戦を迎えました。<br /> 訓練時代や、配属先での思い出など。徳永さんが体験した、当時の思い出を語っていただきます。

[記録日] 平成26年6月28日

通信兵が見た太平洋戦争~堀込昭郎氏の回想~

昭和18年、土浦海軍航空隊で入隊試験を受けた後、防府海軍通信学校へ入校した堀込さんは、その後通信兵として終戦までの期間を過ごしました。<br /> 通信学校での訓練時代、配属先での思い出や日々の過ごし方、更には通信兵だからこそ知り得た情報など。堀込さんが体験した、当時の思い出を語っていただきます。

[記録日] 平成26年5月6日

対談「陸軍少年飛行兵&海軍飛行予科練習生」成迫政則氏・戸張礼記氏

元陸軍少年飛行兵である成迫政則氏と元海軍飛行予科練習生である戸張礼記氏。太平洋戦争当時、大空に憧れた少年たちの人気を二分していた陸軍と海軍それぞれの元飛行練習生による当時の思い出を語る対談です。

[記録日] 平成25年8月11日

元少年飛行兵成迫政則氏の体験談を聞く会

元陸軍少年飛行兵である成迫政則氏による講演会。自身の体験に基づく講話と質疑応答を行いました。

[記録日] 平成25年8月10日

昭和ガールズトーク 熟田鶴江

「昭和ガールズトーク」戦時下に予科練の近くで少女時代を過ごした女性が語る予科練とは、戦争とは。少女たちのあこがれだった予科練生との初恋や空襲体験などについて、対談形式でうかがう。

[記録日] 平成24年7月14日

1